Flutterでスマホアプリ開発を始める方法

Android

Flutterとは

FlutterとはGoogleが開発しているモバイルやWEBやデスクトップアプリが開発できるプラットフォームです
Dartという言語で様々なアプリを開発することができます
Flutterを使用する最大のメリットはスマホアプリを開発をするにあたり、一つのコードでandroidとiOSの両方に対応できるという点です
これまではandroidはjava、iOSはSwiftと別々の言語を覚える必要がありましたが、Flutterを使用すればDartだけで済みます
そのため、これからスマホアプリ開発を始めようとする方には最適です

開発環境の構築

Windowsの場合、公式サイトを参考に環境構築を行います

Flutter SDK

Flutter SDKをダウンロードし、任意の場所(例としてC:\src\flutter)に保存します
※Stable channelの最新版をダウンロードしてください

Flutter SDKへのパスを通す

スタートボタン→Windowsシステムツール→コントロールパネルからコントロールパネルを開きます

コントロールパネルで「システムの詳細設定」を検索し、システムの詳細設定の表示をクリックします

詳細設定タブの「環境変数」ボタンをクリックします

システム環境変数の「Path」をダブルクリックします

「新規」ボタンをクリックし、追加された行に「C:\src\flutter\bin」を入力します
C:\src\flutterではなくC:\src\flutter\binを入力してください

PowerShellを開いてflutterコマンドが実行できればOKです

Android Studioのインストール

公式サイトからダウンロードしてインストールします

Flutter doctor実行

PowerShellでflutter doctorを実行します
必要なものが不足してたら表示されますので、画面に従って対応します
下記画面ではVS Codeの設定を行っていないので、×がついていますがAndroid Studioでの開発を行うので問題ありません

仮想マシン

仮想マシンの作成

アプリ開発時に実行やデバッグを行うための仮想マシンを作成します
Android Srudioを起動し右下のConfigure→AVD Managerをクリックします

Create Virtual Deviceをクリックします

作成したい機種を選択し、Nextをクリックします(例ではPixel3を選択しています)

Androidのバージョンを指定します
そのままでNextをクリックします

仮想マシンに名前を付けたり、初期起動時に縦か横かを指定します
今回は特に変更せず、Finishをクリックし作成を完了します

仮想マシンの起動

仮想マシン一覧から起動したいマシンの起動ボタンをクリックします

しばらくすると、仮想マシンが起動します

さいごに

これでFlutterの開発環境が用意できました
次回以降では具体的な開発方法を説明していきます

タイトルとURLをコピーしました