molderで既存データベースのテーブル構造をYAMLにする

molder

はじめに

molderを使えば、データベースのテーブル構造をYAMLというテキストファイルで管理することができます
今回は既存のデータベースのテーブル構造をYAMLにする方法をご紹介します

データベースの準備

下記のようなDocker-compose.ymlを作成しDokcerでMySQL用意します

version: "2"
services:
  mysql:
    image: mysql
    environment:
      MYSQL_RANDOM_ROOT_PASSWORD: 1
      MYSQL_DATABASE: molder
      MYSQL_USER: molder
      MYSQL_PASSWORD: molder
    ports:
      - "3306:3306"

MySQLWorkbenchなどで作成したデータベースに接続し、以下のクエリを実行しテーブルを作成します

CREATE TABLE 
  users 
(
  id int auto_increment primary key, 
  name varchar(50), 
  address varchar(200)
)

YAMLを作成する

molderを下記のように実行します

./molder extract --type mysql --host localhost --user molder --password molder --database molder --output .

実行後、下記のようなlocalhost.ymlというファイルが作成されます

tables:
  users:
    columns:
      id:
        id: true
      name:
        type: varchar
        length: 50
      address:
        type: varchar
        length: 200

おわりに

molderを使用すればデータベースのテーブル構造をYAMLにすることができます

タイトルとURLをコピーしました