基礎算定届を電子申請する方法

事務

はじめに

4~6月分の平均賃金により、社会保険料の元となる標準報酬が決まります
この標準報酬を7月10日までに社会保険事務局に申請しなければなりません
今年は電子申請を行ったので、その方法と手続きにどれぐらい時間がかかるのかを記載します

算定基礎届の提出|日本年金機構

大まかな流れは以下のようになります

  • GビズID作成
  • 届書作成プログラムのインストール
  • データ作成
  • 申請
  • 申請完了

申請から申請完了まで1週間程かかりました

GビズID作成

社会保険の電子申請を行うためにはGビズIDもしくはe-Govが必要です
今回はGビズIDを取得し、申請を行ったのでその方法を記載します
オンラインで行うこと、オフラインで行うことの2種類があります

オンラインで行うこと

一般的なアカウント作成方法と同様です
Gビズのサイトにアクセスし、必要事項を記入しアカウントを作成します
ただし、注意事項として「gBizIDプライム作成」を行ってください
gBizIDエントリーでは社会保険の電子申請は行えません

必要事項を記入後、gBizIDプライム登録申請書がダウンロード出来ますので、印刷します
経済産業省が説明動画を公開していますので、こちらも参考にしてください

GビズID紹介動画(アカウント作成編)

オフラインで行うこと

印刷したgBizIDプライム登録申請書の内容に間違いがないか確認します
問題なければ実印欄に会社印を押印します
法務局で印鑑証明書を取得し、gBizIDプライム登録申請書と同封して郵送します

郵送後の流れ

2週間以内に「【GビズID】gBizIDプライム登録申請の受付のお知らせ」という件名のメールが届きます
※弊社の場合郵送した次の日にはこのメールが送られてきました

メールの内容に従ってログイン用のパスワードを設定すれば、GビズIDは作成完了です
正常に作成完了すれば「【GビズID】アカウント登録完了のお知らせ」という件名のメールが届きます

勘違いしやすいポイント

GビズIDにログインすれば各種電子申請が行えると思っていましたが、ログイン後のマイページを探してもそれらしき項目が見つからないため困惑しました
GビズIDは各種申請時に認証を行うだけのものです

例えば、あるWEBサービスを使おうとする場合、googleアカウントでログインできる場合がありますが、GビズIDはそのようなものです
各種申請を行う場合はそれぞれの申請用の準備が必要です

社会保険の申請の場合は次項の届書作成プログラムのインストールが必要です

届書作成プログラムのインストール

下記ページの「1.届書作成プログラム」からダウンロードします

各種様式のダウンロード|日本年金機構

インストーラーがダウンロードされるのでダブルクリックしてインストールします

データ作成

デスクトップに社会保険届書作成Ver.20.01というショートカットが作成されるので、そこから起動します
後は各種様式のダウンロードページの2.届書作成プログラム操作説明書に従ってデータを作成します

申請

申請も届書作成プログラムで行います
届書の申請・申請状況の照会ボタンで申請を行います
この際、あらかじめ作成しておいたGビズIDが必要になります

申請が受理されると「【ワンストップサービス】お知らせの通知」という件名のメールが届きます
注意すべき点は詳しいことが何も記載されておらず、これが社会保険の申請関連のメールか分かりませんでした

申請完了

上記の申請受理メールの翌日に再度「【ワンストップサービス】お知らせの通知」という件名のメールが届きました
件名が受理の場合と全く同じなので注意してください

最後に

参考までに弊社の場合の流れを記載します

2020/06/04GビズID申請書郵送
2020/06/05GビズID作成完了
2020/07/01基礎算定届データ作成および申請
2020/07/06申請受理メール受信
2020/07/07申請完了メール受信

時期によるものかもしれませんが、GビズID作成に2週間かかると記載されていたのに1日でできたので驚きました
こういった申請は郵送でも行えますが、電子申請の方が便利ですね
ただし、届書作成プログラムがwindowsでしか起動できないという問題があります

タイトルとURLをコピーしました